土地を購入後に建物を設計したことによって余計な出費が発生しました

駅からも遠すぎず、周辺環境も良かったため、住宅メーカーの提携先の不動産会社で更地状態の土地を先に購入しました。

その後住宅メーカーに設計をお願いしました。

この行動が1つ目のミスでした。

固定資産税は更地のほうが高いため、家を購入する前に更地の状態での固定資産税を支払う羽目になったので余計な出費が発生しました。

ローンがあるというのに家が出来上がる前から更地の固定資産税を払うことになったのは痛手でした。

少なくとも施工開始段階で一緒に土地の契約をすればよかったと後悔しています。

あと、購入した土地の周りの側溝が通常よりかなり深かったのですが、住宅メーカーの土地やその周辺の測定値の記入ミスにより設計がだいぶ進行し、施工間近になってこのミスが発覚しました。

そのため、地震や地盤沈下のために深く地面を掘り、支柱を立てたりその支柱を補強するための費用も想定外にかかり、家につけたかったオプションをいくつか除外しても予算をオーバーしてしまいました。

当初は地盤には問題がないと住宅メーカーからの調査結果で聞いていたため、基礎部分はオプション不要で予算通りに家を建設できるだろうと思っていただけにこの予想外のトラブルはとても悔しい思いをしました。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒函館市の注文住宅