檜風呂にしたら、冬は寒くてお風呂に入るのが苦痛です。

親と住むために二世帯住宅を建て、私たちが使うお風呂はユニットバスにしましたが、親が使うお風呂はハウスメーカーさんに「うちの代名詞と言えるくらいオススメなのが檜風呂なんでお願いします。」と何回も哀願されて、しぶしぶ檜風呂にしました。

確かにユニットバスよりも広くて、お風呂にお湯をはると檜の香りがするのはいいのですが、木なのでお手入れが大変で冬のバスルームはとにかく寒いです。

ユニットバスのようにササッと水気をとって換気扇を回しておけば乾く…というわけにはいかず、いつまでも濡れたままにしておくと木が腐ってくるような気がして、お風呂やシャワーを使ったあとは必ず風呂釜、床、天井、壁を乾いた布で拭いています。

雨降りや湿度の高い時にはバスルームは全然乾きませんし、家中に檜の香りが充満します。

また冬はとにかく寒いです。

ユニットバスのように機密も高くないのかスースーと寒気が入り込み、バスルームを暖める機能もついてないので、入浴前には電気ストーブを脱衣場に置いて、脱衣場とバスルームを暖めなければなりません。

しかもユニットバスの方が安かったのです…。

実際にその家に住んで生活するのは私たちなので、ハウスメーカーの押しに負けずに自分たちがお手入れしやすく、いいと思った方を選べばよかったとこうかいしています。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>大網白里市 注文住宅